2013年10月28日

ハミングバード後のSEO対策

今回は自分に対するハミングバード後のSEO対策をメモ書き的なまとめになります。

先日Googleの検索エンジンで「ハミングバード」というアップデートが行われましたが、
その背景から検索エンジンでの集客について今後の動向を伺うこともできるような気がします。

とは言いましてもSEOというのは業者とGoogleのいたちごっこでもあるので、
賛否両論はありますが、速攻性のものはおいといて、、、
基本的に検索するユーザーの欲しい情報にマッチする数が多いか少ないか、
内容がきちんと見易く分かりやすくまとまっていて、かつユーザーを納得させる情報が
掲載できているかがキーかと思っています。

そうなると、やはりより密な情報が必要です。
例えば「賃貸銀座」などでSEOを行なう場合、”賃貸とは”、”銀座とは”などの
一般的な情報を掲載しても 効果が薄れてきたように感じます。
そういった内容よりも「銀座で住みやすい地域」や「銀座で賃貸を探す注意点」など、
自社サイトでしか得られない情報を発信した方が、ユーザビリティと検索エンジンからの
評価の両面で効果的じゃないでしょうか。

さらに話し言葉で検索した際に検索結果の一部に曖昧な情報が含まれる場合がありましたが、
ハミングバードは、このような言葉の裏にある意図・意味を理解したうえで検索結果を
表示してくれる機能が向上したというのが大きな特徴です。
要はサイト内のテキストをきちんと把握して結果を出してくれるわけですね。

Webサイトは情報の独自性と価値が求められる時代となっています。
今まで何度も申してきましたが、小細工はそのときだけのものですので、
ユーザー目線で構築し、サイトに沿った内容を正しく掲載しておけば自然に
Googleさんはきちんと評価してくれます。。。と思っています(笑)


実際に有益なコンテンツを作成にあたり、下記を抜粋してみました。
・更新を頻繁に行い、最新の情報が提供できること
・ユーザーが検索してくるキーワードとマッチしたコンテンツ。
更に、文章中にキーワードを織り交ぜることで効果が期待できる
・独自で調査したオリジナル性の高い情報、専門性の高い情報
・文法の間違いや変換ミスが少なく、読みやすい文章であること。
・膨大な情報であっても適切な段落分けや項目立てが出来ており、
ユーザーが求める情報に素早くたどり着けるようになっていること。
・他サイトからのコピー等を行わず、新鮮な情報であること。


上記の項目をGoogleが指標としている
「ユーザーにとって有益であり価値のあるコンテンツ」となります。
改めて確認すると難しいことではないですよね?

ハミングバード後のSEO対策





posted by ガーネッツ at 13:17 | Comment(0) | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

今後スタンダードになるSEO対策は?

いつの間にか3月に入ってしまいました。
本日は春一番も豪快に吹いております。

最近のSEO動向ですが、2012年は結構な動きがありましたね。
パンダだのペンギンだの。。。

トップから脱落したり、圏外からトップ10に入ってきたりと耳にしますが、
規則正しいサイトであれば安定しています。
って言ってしまうと終わってしまうので、最近は興味も薄くなりましたが、
少しだけ記載してみたいと思いますが・・・

基本的なところはあまり変化はありません。
内部対策も重要なのはタイトルタグ、h1・h2・h3などの見出しタグ、
本文のキーワード含有率、コンテンツ追加、ドメイン年齢、更新頻度など。

外部対策は当たり前の変化ですね。
登録サイトや相互リンク、有料リンク購入といった常識的に考えておかしいものは
ほとんどペナルティ対象となっています。

じゃあ今後はどうすればいいの?ってなると思いますが、
「URLリンク」が注目されていますね!
この手法は数年前にやられていた方も結構いるかと思いますw

要は、URLでリンクさせるわけですね。
http://www.example.co.jp/
最近まではキーワードを含んだテキストリンクが効果的とされてきました。
もちろんその手法も良いと思います。

クラシックで単純なURLリンク。
当然、Googleはこれをリンクとして認識しており、リンク元とリンク先の
テーマがマッチしていれば評価してくれます。

重要なのはリンク関係にあるページ同士のテーマです。

検索エンジンがキーワードとWebページの適合度を測る指標の1つに、
サイトテーマ(またはテーマテクノロジー)があります。
類似のテーマに関連するキーワード群を含むページ間のリンク関係に着目し、
内容に関連のあるページからの被リンクに強い重み付けをします。
テーマの抽出は、個々のWebページに含まれるキーワードによってテーマを
判断した上で、そうした共通のテーマを持ったページ同士のリンク関係を
さらに解析することによって実現します。


人間社会に似てきましたねwww






posted by ガーネッツ at 17:19 | Comment(0) | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

最新のSEO対策!

今までSEO対策を必要以上にがんばってきた方々は私たちが思う以上に
不安やお悩みを抱えていることが多いことを実感いたしました。

Googleの検索エンジンアップデートが頻繁化されていますが、
代表的なものですと、サイト内部構造に白黒をつける「パンダアップデート」と
貼られている外部リンクに白黒をつける「ペンギンアップデート」です。

つまり、内部と外部のSEO対策の評価基準が大きく変わりました。
まだ順位の下落がないサイトも今後の定期的なアップデートに備える必要はありますかね。

Googleは言語の解析能力が格段と上がっています。
それに伴い評価のアルゴリズムがサイト内コンテンツを重視します。

内部対策:外部対策=2:8 → これまでの評価
内部対策:外部対策=8:2 → これからの評価

このような割合の変化が予想されているそうです。


まあ予想通りですねwww



posted by ガーネッツ at 19:53 | Comment(0) | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする