2013年03月01日

今後スタンダードになるSEO対策は?

いつの間にか3月に入ってしまいました。
本日は春一番も豪快に吹いております。

最近のSEO動向ですが、2012年は結構な動きがありましたね。
パンダだのペンギンだの。。。

トップから脱落したり、圏外からトップ10に入ってきたりと耳にしますが、
規則正しいサイトであれば安定しています。
って言ってしまうと終わってしまうので、最近は興味も薄くなりましたが、
少しだけ記載してみたいと思いますが・・・

基本的なところはあまり変化はありません。
内部対策も重要なのはタイトルタグ、h1・h2・h3などの見出しタグ、
本文のキーワード含有率、コンテンツ追加、ドメイン年齢、更新頻度など。

外部対策は当たり前の変化ですね。
登録サイトや相互リンク、有料リンク購入といった常識的に考えておかしいものは
ほとんどペナルティ対象となっています。

じゃあ今後はどうすればいいの?ってなると思いますが、
「URLリンク」が注目されていますね!
この手法は数年前にやられていた方も結構いるかと思いますw

要は、URLでリンクさせるわけですね。
http://www.example.co.jp/
最近まではキーワードを含んだテキストリンクが効果的とされてきました。
もちろんその手法も良いと思います。

クラシックで単純なURLリンク。
当然、Googleはこれをリンクとして認識しており、リンク元とリンク先の
テーマがマッチしていれば評価してくれます。

重要なのはリンク関係にあるページ同士のテーマです。

検索エンジンがキーワードとWebページの適合度を測る指標の1つに、
サイトテーマ(またはテーマテクノロジー)があります。
類似のテーマに関連するキーワード群を含むページ間のリンク関係に着目し、
内容に関連のあるページからの被リンクに強い重み付けをします。
テーマの抽出は、個々のWebページに含まれるキーワードによってテーマを
判断した上で、そうした共通のテーマを持ったページ同士のリンク関係を
さらに解析することによって実現します。


人間社会に似てきましたねwww






posted by ガーネッツ at 17:19 | Comment(0) | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする